医歯薬専門学校

医歯薬の専門学校の存在を初めて知りました。「医療」「歯科」「薬業」の分野を目指して、働きながら勉強をしています。歯科医院などで現場を実際に経験しながら、学校では知識を習得するワーク&スタディなどの、サポート体制の中で勉強ができるのは幸せなことです。

例えば歯科衛生士学科は3年制で、学校が紹介する歯科医院で働きながら勉強できる3年生の利点を活かして、国家試験に合格するように指導されています。現場力取得にむけて3限目までの授業など、放課後のアルバイトをしやすくしていることも魅力です。また実際の歯科医院での経験が確実に自分の知識や技術のスキルアップにつながり、学費も得ることができるのも嬉しいプログラムとなっています。

薬剤師の登録販売者学科ドラッグストア専攻は、2年制であり月にして10日間80時間以上ドラッグストアで実務経験をします。これにより「登録販売者受験資格」を得ることができ、さらに現場力を身につけるために薬剤師や登録販売者の人達とのチームワークで、コミュニケーション力も養います。

働いた時間が単位として認められ収入が得られるカリキュラムを実践しています。実習時間は時給という形で給与がもらえ、学費や生活費をえることもできます。しっかり現場力を養うことで、単位も学費ももらえ登録販売者試験の受験資格ももらえるのですから、嬉しいシステムです。

「チーム医療」を目指す人の専門学校もあります。今や専門の枠を取り去った医療チームとしての教育が必要となってきています。座学だけでは身につかない「生きたチーム医療」が必須です。医療・福祉・スポーツを目指す職種に添った7分野を総合的な学科編成で、専門性を向上させ、現場で通用する連携力が身に付くようになります。

カリキュラムの中でもさる大手大学医学部の元教授の支援による、最先端医療に対応すべく医療・福祉教育のあり方を探求し学ぶ講義を実施しています。

こうして将来の日本の医歯薬をになう医療人を育てる教育に尽力している人もいる事を、忘れてはなりません。